8月30日から6日間の日程で開催されるFIMインターナショナルシックスデイズエンデューロには、トップライダーからアマチュアまで、多くのGASGASライダーが参加します。

GASGASファクトリーチームで、昨年のE1(250cc)クラス世界チャンピオンであるアンドレア・ヴェローナのGASGAS EC250Fは、サスペンションを中心に彼のスピードに合わせて強化されていますが、基本はストックです。

GASGASのエンデューロモデルの特徴は、シャーシ、サスペンション、エンジン、コントロールパーツまですべてが最高水準のコンポーネンツで構成されていること、そして全体として、あらゆるシチュエーションで長距離、長時間のライディングに耐えられるように、マイルドで扱いやすくチューンナップされていることです。

そのため、ISDEのように長くタフなレース、また、ハードエンデューロ的なシチュエーションでの適性も高く、トップライダーだけではなくアベレージクラスのライダーの能力を引き出すことができます。GASGASライダーたちは、6日間のライディングを通じて、何度も、最高の瞬間を感じることができます。

ISDEでは、多くのライダーが、ハンドガードなどわずかなプロテクションパーツを追加しただけの、完全にストックGASGASでスタートラインに並びます。その理由は、それが完走にもっとも近い選択だからです。1970年代から、長年に渡ってシックスデイズエンデューロ(ISDE)で培ったきた技術が、そのまま市販車に注ぎ込まれているのがGASGASのエンデューロモデルなのです。

ISDE 2021公式サイト
https://fim-isde.com/

コメントを残す